クラゲフラグメント

人生の意味がわかってたまるかと思っていた頃の自分へ

映画の帰り

(久しぶりに書いてみようと思います)

 

映画を観てきた。

ポップコーンよりも、ホットドッグとナチョスが好き。

夕食代わりに観ながら食べようと行ってみたら予想よりも簡素な劇場で、値上げされた飲み物の自動販売機しか見つけられなかった。ペットボトルのお茶を一つ買う。

見終わってフラフラと帰る。

こんなときに食べるのにふさわしいものを探して思いを巡らせる。

ホットドッグ、は、食べたかったけれど、映画はもう終わってしまった。

映画に出てきたデザートでも、と思いながら暗い商店街を通る。

生肉とお酒を買って帰る。

 

 

******

 

このごろは閉鎖的な環境で短い言葉ばかりを重ねてどこへも行けなくなっている。

何か、自分自身とは切り離された場所で、自分とはまったく関係のないことについて、読んだり書いたりしていたい気分。

ここからどこかへ行きたい気持ちと、どこへも行きたくない気持ちとがある。

何かを書いたら変わるだろうか。

ずっと内側に溜め続けた溢れ返るほどのモヤモヤが私の顔を覆い息の根を止めて、新しく生まれ変わらせてくれるだろうか。

 

人からこぼれ落ちた言葉を読むのが好きだ。

特に直接役に立つわけではない個人的な文章を読むのが好きだ。

きちんとしていない文章を読むのが好きだ。

思うままをまとまりがなく書かれた文章が好きだ。

その文章に共感できるかどうかは関係なく、人の内のつぶやきを聞くのが好きだ。

人の思いが堆積していく様が好きだ。

人が年月のうちに変わったり変わらなかったりしているのが好きだ。

 

やっとこさ、少し言葉を取り戻し始めました

しかしそれと同時に、何を再び得てしまうのかが少し怖い

つまらない

私はブログをやって何を書きたいのだっけ

あるいはそれを探すためにブログという形をとっているのだっけ

今日は気が散って止まりません

とても注意散漫

こんな抽象的な物言いをするのもいいかげん飽きてきて、

作品を書くならそれならそれでいいけれども

何かを説明したり表現したいなら

もう少し伝わり方を考えてはどうかしらとか

思っている、いる

それとも、もう書き方を変えていってはどうかしらとも

どうかしら、どうかしら。

 

 

今の抱負、願い事、望み、実現することリスト100

せっかくだからこれを毎日書いたらどうか、なんて

考えている。

1週間1から100個、関係なく書き続けたら何か見えてくるかしら

書き終わったらもう気分がよくなってしまうかもしれない

書いているうちに、ああこれはあまり望まないななんて気づいてしまうかもしれない

それでは、ぼかした書き方のものもありますがご容赦

 

1 あの人のライブに行きたい

2 あの子と会いたい(だけでなく初対面の人ともっと会いたい)

3 文フリにでてみたい

4 めちゃくちゃ顔が美人になりたい

5 服を買いたい

6 お金をもっと手に入れる&使う

7 デフォルトの顔、表情を洗練させたい

8 自信をもって、生きてきた中で最高級のクオリティの働きだと言える1年にする

 

眠くなったので続きはまた明日かな

10 

11 

12 

13 

14 

15 

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

32

33

34

35

36

37

38

39

40

41

42

43

44

45

46

47

48

49

50

51

52

53

54

55

56

57

58

59

60

61

62

63

64

65

66

67

68

69

70

71

72

73

74

75

76

77

78

79

80

81

82

83

84

85

86

87

88

89

90

91

92

93

94

95

96

97

98

99

100

今日はかつてなく素の自分に近い気がする
ずっと、ずっと闇の中を手探りしていたけれど
ようやく光が見えてきたかもしれない
よく考えれば
これっぽっちの変な独白をwebに載せたところで、
その人の何が分かるわけでもなく
継続的関係においては
そんなに怖がったり恐れたりするものでもないと
思いました
みんな言いたいことは言えばいいし
わたしとはちゃんとお話ししてくれればいい
それでいい
言いたくないことを言わない権利がみんなにある
それでいいと私は知っている

こんな文を書くのは半分神託みたいなもので、
自分でもそれを書いて何だというわけでもない
はっきりしたことだけを書けと言うなら
それもそうかもね
大丈夫
大丈夫

自分の仮想空間を持つのはかなり好きだ

どこのだれとかは関係なくて

置いてあるものだけが

ある

だからそれは

日常と地続きというより

きつねのおでん

 

そういう心持ちを

取り戻してみたい気がする